ヒフミド トライアルセット 口コミ

肌が黒くなる原因と理由

    

が白い人と肌が黒い人、どちらが理想ですか?色白の人にも色黒の人にも綺麗で美人な人もたくさんいて魅力的な女性が多いと思いますが、色白と色黒で極端にどっちがいいかと聞かれたら色白の方がいいと答える方の方が多いかもしれません。

平安時代や江戸時代ぐらいの昔から色白の方の人の方が男性からモテていたみたいです。

しかし90年ぐらいにはアムラーというファッションが流行っていて、ヘソだしガングロメイクなども流行にあって当時の若い女性の人たちは日サロに通っていたみたいですよ。

しかし、流行は過ぎ去ってからはやっぱり色白の方が人気が出てしまいまいしたね。今はガングロを目指している女性の方が少ないのではないでしょうか。

ほとんどの女性が色白美肌を目指していると思いますが肌が黒くなってしまう原因もあります。今回は肌が黒くなってしまう理由について紹介したいと思います。

肌が黒くなってしまう原因その1「遺伝」

両親どちらかの肌の色が黒い人は、肌が黒くなってしまう事があります。肌が黒く見えてしまうのは肌にあるメラミンのせいです。メラミンは人それぞれ量が異なります。メラミンの量が元々多い人は肌が黒くなってしまうのです。これは先天性のものなので、美白ケアでどうにかなる問題ではあまりないように感じます。子供の頃に肌が黒かった人は元々のメラミンの量が多いかもしれません。

肌が黒くなってしまう原因その2「紫外線」

肌が黒くなってしまう原因のほとんどがこの「紫外線」だと思います。強い紫外線は長時間浴びると肌のDNAを傷つけてしまうかもしれないぐらい強力な分子です。肌は紫外線から自分を守ろうとメラミンを大量に生産します。健康な肌の場合、メラミンが増えてしまっても数週間で元の肌に戻ることができますが、強力な紫外線で肌のターンオーバーが乱れていたり、肌が乾燥をしていた場合、メラミンが残されたままになるので肌が黒くなってしまうのです。

他にも「体の冷え」や「クスミ」なども原因の1つだと言われています。体の冷えで血行が悪くなると肌が黒く見えてしまう事も。また、ターンオーバーが乱れて肌の角質が残っている状態で放置してしまうと肌がくすんで黒く見えてしまう事があります。