ヒフミド トライアルセット 口コミ

冬に乾燥をするのは何故?

    

って肌がカサカサしたり、お風呂上りも肌がつっぱたりしやすい季節ですよね。冬ってどうしてこんなにも乾燥しているのでしょうか?乾燥肌・敏感肌の方にはツライ季節!どうしてなの??

今回は冬の乾燥してしまう原因について紹介したいと思います。

乾燥しない地域もあったなんて!!!!乞うご期待!!

冬が乾燥する理由

冬に空気が乾燥する原因は日本の地形に大きな影響があります。冬になると北から冷たい湿った風が日本にやってきます。この風は元々水分を多く含んでいます。しかし、日本列島にある山を越えることには水分はすっかり抜けて乾燥した乾いた風になってしまうのです。日本海沿岸では空気は湿っているので冬の冷たい風に影響され水分は雪になって降ってしまうのです。ですが、南側では水分が抜けているので空気は乾燥しているのです。日本は東京が中心になっていますよね?東京では冬に乾燥する地域なので基準が「冬は乾燥する季節」ってなっているのではないでしょうか。しかし、日本でも冬に乾燥する地域と乾燥しない地域があるのです。日本海側は冬場に乾燥をしない。太平洋側は乾燥をするということです

夏がジメジメしてしまう理由

夏はジメジメして湿度が高くて嫌な方も多いのではないでしょうか。ジメジメしてしまうと気分も落ち込みやすくなりませんか?冬に乾燥してしまう地域とそうでない地域があるように、夏にもジメジメしてしまう地域とそうでない地域とあるのでしょうか?そうではありません。夏になると南から湿った風が吹いてきます。その風が日本を抜けることなく日本全体を覆ってしまう為、全国的にジメジメしてしまうのです。さらに夏には台風がやってきます。台風がもたらす大雨が夏の気温によって蒸発することで空気中の水分量が上がりやすくなるのも原因の1つとして考えられています。

乾燥も湿気も快適に生活するにはバランスが大事ですよね。空気が乾燥するとノドにも肌にも悪いことが多いと思いますし、湿度が高いとなんか気分が沈みがちになりますよね。日本の地域によっては乾燥と湿気と差が大きい地域があると思いますが、色々工夫することで快適に過ごせると思います。